レーシック安全性とリスク

レーシックとはとても安全と言われています

レーシックの手術を受ける前に知っておきたい安全性とリスクについては十分理解しておきましょう。

 

病気や怪我などをしてしまって、必要に手術した人もいることでしょう。
体にメスを入れるということは、必要がないのなら、しない方が良いことはみなさん、分かりきっていることでしょうね。

 

最近、話題になっている「レーシック」も、そう言えると思います。
手術する必要がないのに、レーシックを受けて視力を回復させることは、体にとって負担をかけることになります。
もちろん、眼鏡の要らない快適さを味わいたい人や、スポーツするのに眼鏡やコンタクトが邪魔だと言う人もいるでしょう。
また、職業上、眼鏡をかけずに裸眼の視力が高くないとならないと言う人もいるでしょう。
そんな人たちのために、視力を回復する手術が存在しているので、レーシックが必要だと言えば、そうなりますよね。
ですから、レーシックを受ける人を否定はしませんが、本当に差し迫って困っていないのなら、眼鏡で良いのではないかと思ってしまいます。

 

なぜ、そのように考えるかと言うと、手術は必ず成功するとは言えないからです。
どんな手術でも10人中10人がすべて、回復した、結果が良かった、というわけではないと思います。
その安全性を考えたら、安易に手術を受けることは出来ませんよね。

 

眼鏡を使うことは少々、不便でしょうが、レーシックの後遺症、副作用、失敗を考えたら、眼鏡のままで良いと思ってしまいます。
ですが、私の考え方が臆病と言われれば、それまででしょう。
その証拠にレーシックと言う手術は、とても安全だと言われています。

レーシックのリスクをきちんと理解が必要

安全な手術だとレーシックは言われていていますが、目の角膜を切る手術ですので、リスクをきちんと理解した上で、手術を考えるなり、受けるなりして欲しいと思います。
「友達がレーシックをやって、大丈夫だったから、きっと私も大丈夫だろう」などと言う考えはあまり良くないですね。
手術後の症状、結果には個人差があることは当然ですから、その辺も理解しておかなければなりません。

 

もちろん、病院でも事前に適応検査をしたり、説明を受けたり、患者さんはリスクを知る機会が設けられています。
ですが、中にはリスクを話さない病院もあるそうです。
手術を受けると、どのようなデメリットがあるのか、良いところだけでなく悪いところをきちんと教えてくれる病院を選びましょう。

 

レーシックを受けた後で、ハロと言う症状が出る人もいます。
手術後のトラブルでは、多いほうなのではないでしょうか?
夜、蛍光灯などがまぶしく感じるような症状です。
また、光の周囲がぼやけて見えてしまうこともあります。
ハロは幸い、手術後に起きても、時間が経つに連れて症状も出なくなると言われています。
知らない方はこの症状が出て驚かれるようですが、レーシックの後には珍しくない症状です。
ですが、1週間以上続くようでしたら、病院に相談しましょう。

 

また、角膜表面にシワが出来てしまい、やたらと目が乾いて仕方ない人もいます。
これも時間が経つと自然と治る人がほとんどです。

 

これらの症状も事前に説明があるか、ないかでは患者さんの受け取り方も違ってきますよね。
良い病院を選びたいなら、十分な説明をしてくれる病院を選ぶことですね。